• HOME
  • 輝き人
  • 令和3年度倉敷市スポーツ医・科学支援事業の強化選手が決定しました!

2021.11.5

この11月から新たに、倉敷市スポーツ振興協会専門部より推薦された39名が、倉敷市より『倉敷市ジュニア強化選手』として認定されました。
(認定期間:令和3年11月~令和4年3月 ※令和4年10月まで継続あり)

『倉敷市スポーツ医・科学支援事業』とは、市内に在住・在学する中高生を対象とし、翌年の国民体育大会(国体)・全国高校総合体育大会(インターハイ)等の全国大会出場を目標とする新体制のチーム・選手のサポートを目的として例年11月に支援を開始するものです。
認定された強化選手は、各種大会で優秀な成績を収めるなど今後の活躍を期待されている選手たちで、国体やインターハイ等の出場を目指し、個々の競技レベルや種目に応じてコンディショニング・栄養・心理面から的確なアドバイスやきめ細かなサポートを受けることで競技力の向上を図ります。
このサポートには、医・科学分野のスペシャリストが集まる「倉敷トレーナーズサポート協会」等の講師陣があたります。

これまでに認定された延べ600名以上の選手の中には、「2018平昌オリンピック」に出場したフィギュアスケートの田中刑事さんや、「2020東京オリンピック」に出場した競泳の増田葵さんなど、世界大会等で活躍する人も多数います。

39名の強化選手の紹介を「Kurashiki Sports Navi」トップページの“PICK UP”コーナーでも、順次掲載していきますので、是非ご覧ください。

令和3年度倉敷市医・科学支援事業「倉敷市ジュニア強化選手」はこちら