dehaze

accessibility 輝き人

祝「天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会」出場! 三菱自動車水島FC

 令和2年9月16日、「天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会」に出場する三菱自動車水島FCの関係者の方々が伊東市長を訪問されました。 
 天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会は、プロチーム、社会人チーム、大学・高校のサッカー部までの幅広いチームに参加権が与えられており、J1リーグ、リーグカップと並ぶ国内3大タイトルの一つとされています。
 三菱自動車水島FCは天皇杯全日本サッカー選手権岡山社会人予選を経て、さらに8月23日の岡山県代表決定戦で勝利を収め、県代表の座を勝ち取りました。


【訪問者】
・三菱自動車工業株式会社 水島製作所
北尾 光教 所長
・三菱自動車水島FC
浜崎 憲 代表(水島製作所 副所長)
菅 慎 監督(水島製作所 工務部次長)
森迫 良太 キャプテン
高瀬 翔太 選手

【同席者】
倉敷市議会議員 塩津 孝明 様
倉敷市議会議員 大橋 健良 様


 同クラブは1946年終戦の翌年に、荒れ果てた水島の地で、勤労者のサッカー愛好者が集まり創部しました。その後は中国リーグに昇格、県リーグに降格など紆余曲折を経て、2004年に全国地域リーグ決勝大会で優勝し、念願のJFLへ昇格。さらに上位を目指すためにチーム力強化を図るとともに地域への貢献活動を重視し、地域に密着したチームづくりを促進しています。
 現チームは三菱自動車の社員を中心に関連企業の社員を合わせ、18歳から34歳の幅広い年齢の選手28名で構成。自分を磨き、サッカーを楽しみ、地域貢献できるチームをモットーに活躍中です。

 天皇杯の出場は今回で13度目。最高成績は3回戦進出。

 大会では、「最後まで走り勝つサッカーを貫きたい」と県代表決定戦後に決意を語った中川選手。(2020年8月24日:山陽新聞からの引用)
 まずは、初戦突破!9月23日の戦いを皆で応援しましょう!!


≪大会概要≫
大会名 天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会
開催日 令和2年9月16日(水)~令和3年1月1日(金・祝)
主 催 公益財団法人日本サッカー協会、公益財団法人日本プロサッカーリーグ
大会方式 52チームによるノックアウト方式
     (Jリーグ2チーム、J2、J3リーグ各1チーム、アマチュアシード1チーム、都道府県代表47チーム)

≪三菱自動車水島FCの初戦≫
日 時 令和2年9月23日(水)14時~
会 場 広島県みよし陸上競技場
対戦相手 松江シティFC(島根県代表)

※会場で観戦される場合は、JFAのHPにある注意事項「来場に際して/禁止事項」を必ずご確認ください。